スケジュール

ダライ・ラマ法王のインド国内、及び外国訪問における一般公開の講演スケジュールは以下の通りです。通常インド国内での講演は無料ですが、外国講演の多くは有料のチケットが必要です。チケットに関する詳細は、直接主催者に連絡するか、下記のウェブサイトを参照してください。ご参考までに、長期的な方針として、ダライ・ラマ法王は講演料を受け取られることはありません。法王庁では、チケットの販売が必要な場合は、必要経費を賄うための最低料金を入場料とするよう主催者側に奨励しています。

以下に記された日程は変更されることがありますのでご注意ください。

2017年

2017年3月19日 インド、ボパール / ヴィダンシャバ・オーディトリウム:ダライ・ラマ法王が午後、マディヤ・プラディーシュ州厚生福祉部の主催で「幸福論」(The Art of Happiness)についての一般講演を行われる。

2017年4月1日 インド、グワハティ / ITA舞台芸術センター:ダライ・ラマ法王が、アッサム・トリビューン紙のプラチナ・ジュレビー・セレブレーションのプログラムの一環として「世界平和への人類のアプローチ」(A Human Approach to World Peace)と題する一般講演を行われる。

2017年4月5 - 7日 インド、タワン / イガ・チュンジン:5日と6日の午前中、ダライ・ラマ法王がカマラシーラの『修習次第』中篇(gomrim barpa)、ギャルセ・トクメ・サンポの『37の菩薩の実践』(laklen sodunma)の法話を行われる。7日の午前中は、リンジン・ドゥンドゥプの灌頂を授与される。

2017年4月10日 インド、ディラン / トゥプスン・ダルゲリン僧院:ダライ・ラマ法王が、ゲシェ・ランリタンパの『心を訓練する八つの教え』(lojong tsikgyema)と『上師瑜伽(グル・ヨーガ)』(lama neljor)の法話を行なわれ、観音菩薩の許可灌頂を授与される。

2017年4月11日 インド、ボムディラ / ブッダパーク:ダライ・ラマ法王が午前中に法話を行なわれ、続いて白ターラー菩薩の長寿の灌頂(drolkar tsewang) を授与される。

2017年4月12日午前 インド、イタナガル / トゥプテン・ガツァルリン僧院:ダライ・ラマ法王が法話を行なわれる。

2017年5月11日 インド、マナリ:ダライ・ラマ法王が法話を行なわれる。

2017年5月13 - 14日 インド、ジスパ:13日にダライ・ラマ法王がシャーンティデーヴァの『入菩薩行論』(chodjug)の法話を行なわれる。14日の午前中は白ターラー菩薩の許可灌頂を授与される。

2017年5月15日午前 インド、ヒマーチャル・プラディーシュ州 ウダイプール:ダライ・ラマ法王が午前中に、一面四臂の観音菩薩の許可灌頂(chenresig chashi jenang)を授与される。

2017年5月16 - 18日 インド、ダンカール:16日と17日にダライ・ラマ法王がジェ・ツォンカパの『菩提道集義』(lamrim dudon)の法話を行なわれる。18日の午前中は、観音菩薩の灌頂 (chenresig wang)を授与される。

2017年5月19日 インド、タボ:ダライ・ラマ法王が『観音菩薩のグル・ヨーガ』(chenresig lama neljor)の法話を行なわれる。

2017年5月21日 インド、プー:ダライ・ラマ法王が短い法話を行なわれ、白ターラー菩薩の長寿の灌頂(drolkar tsewang)を授与される。

2017年5月22日 - 24日 インド、カルパ:ダライ・ラマ法王がナーガールジュナの『宝行王正論』 (rinchen trengwa) の法話を行なわれる。24日は観音菩薩の許可灌頂 (chenresig jenny)を授与される。

2017年8月29日 - 9月1日 インド、ダラムサラ / ツクラカン:ダライ・ラマ法王が、インドネシア、韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムを含むアジアグループのリクエストにより、ナーガールジュナの『根本中論頌』の註釈書『ブッダパリタ註』(drel-pa Buddhapalita) についての法話を行なわれる。
 

サイトマップ