第34回カーラチャクラ灌頂前行法要 2日目

2017年1月3日

インド、ビハール州 ブッダガヤ

ダライ・ラマ法王は今朝、昨日と同じく朝7時前にナムギャル僧院からカーラチャクラ堂に到着された。法王は午前中カーラチャクラ灌頂の前行法要として自生起等の儀式を行われた。昨日の弟子を守る儀式に加え、今日はマンダラが描かれる台座と灌頂が行われる場所を清める儀式が執り行われた。


カーラチャクラ灌頂伝授会2日目の前行法要で、ナムギャル僧院の僧侶たちによるチャムをご覧になるダライ・ラマ法王。2017年1月3日、インド、ビハール州 ブッダガヤ(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)
続いて、マンダラを描くにあたり、その障りとなる魔の力を鎮めて、この土地の上にマンダラを制作する許可を土地の神に願う儀式が行われた。その一環として午後から15人のナムギャル僧院の僧侶によるチャム(宗教舞踏)が行われた。5弁の装飾が付いた宝冠を頭につけ、金襴の刺繍が施された衣装に身を包んだ僧侶たちは、金剛杵と金剛鈴を手に1時間半に及ぶチャムを執り行い、それぞれの踊り手は、カーラチャクラ尊の憤怒相の守護尊の様相を持つドルジェ・シュグとしてのプライドを維持してチャムを踊るのである。法王はチャムが終わる前にカーラチャクラ堂の法座に戻られた。

その後、加持が込められ、チョークの粉をまぶした糸を使って砂マンダラを描くための下書きの線引きが行われた。この儀式は、法王の代理として金剛阿闍梨に任命されたナムギャル僧院の僧院長タムトク・リンポチェがマンダラの最初の第一線を引くことによって始められ、他の僧侶たちが定規とチョークを使って残りの複雑なマンダラ模様の下絵を描き出した。この下書きの作業は明日も引き続き行われ、その後、色砂を使ったマンダラが描かれる予定である。
 

最新ニュース

第34回カーラチャクラ灌頂伝授 初日
2017年1月11日
インド、ビハール州 ブッダガヤ:ダライ・ラマ法王は早朝にナムギャル僧院の法王公邸を出られ、4時間半かけてカーラチャクラ灌頂を授与するための準備の儀式を行なわれた。会場には95カ国から推定20万人以上の人々が集まっていた。今日は、最初に壇上で日本人グループが『般若心経』を日本語で唱え、続いて英米人のグループが英語で『般若心経』を唱えた。法話を始めるにあたって法王は、「生きとし生けるすべてのものが幸せを望み、苦しみを望んではいません」と述べられ、「私たちには一切有情を苦しみから救うために悟りの境地に至るという責任があります。たとえ最初は真似事のようであったとしても、菩提心を培おうという熱望を持つことが大切なのです」と語られた。

カーラチャクラ灌頂の序会
2017年1月10日

モンゴル寺院ご訪問とカーラチャクラ灌頂の奉納舞踊
2017年1月9日

第34回カーラチャクラ灌頂前行法話 最終日
2017年1月8日

第34回カーラチャクラ灌頂前行法話 3日目
2017年1月7日

サイトマップ