第34回カーラチャクラ灌頂前行法要 2日目

2017年1月3日

インド、ビハール州 ブッダガヤ

ダライ・ラマ法王は今朝、昨日と同じく朝7時前にナムギャル僧院からカーラチャクラ堂に到着された。法王は午前中カーラチャクラ灌頂の前行法要として自生起等の儀式を行われた。昨日の弟子を守る儀式に加え、今日はマンダラが描かれる台座と灌頂が行われる場所を清める儀式が執り行われた。


カーラチャクラ灌頂伝授会2日目の前行法要で、ナムギャル僧院の僧侶たちによるチャムをご覧になるダライ・ラマ法王。2017年1月3日、インド、ビハール州 ブッダガヤ(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)
続いて、マンダラを描くにあたり、その障りとなる魔の力を鎮めて、この土地の上にマンダラを制作する許可を土地の神に願う儀式が行われた。その一環として午後から15人のナムギャル僧院の僧侶によるチャム(宗教舞踏)が行われた。5弁の装飾が付いた宝冠を頭につけ、金襴の刺繍が施された衣装に身を包んだ僧侶たちは、金剛杵と金剛鈴を手に1時間半に及ぶチャムを執り行い、それぞれの踊り手は、カーラチャクラ尊の憤怒相の守護尊の様相を持つドルジェ・シュグとしてのプライドを維持してチャムを踊るのである。法王はチャムが終わる前にカーラチャクラ堂の法座に戻られた。

その後、加持が込められ、チョークの粉をまぶした糸を使って砂マンダラを描くための下書きの線引きが行われた。この儀式は、法王の代理として金剛阿闍梨に任命されたナムギャル僧院の僧院長タムトク・リンポチェがマンダラの最初の第一線を引くことによって始められ、他の僧侶たちが定規とチョークを使って残りの複雑なマンダラ模様の下絵を描き出した。この下書きの作業は明日も引き続き行われ、その後、色砂を使ったマンダラが描かれる予定である。
 

最新ニュース

ダラムサラで学生との対話
2017年5月19日
インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州ダラムサラ:本日ダライ・ラマ法王は、異なる3つのグループの学生たちと法王公邸で対話をされた。ミネソタ大学からの10名は、メンツィ・カン(チベット医学暦法研究所)でチベット医学の短期間コースを取っており、カナダのゲルフ大学からの20名は、ダラムサラのチベット人コミュニティでボランティアとして働いている。また、北インドのカングラ渓谷でインドの難民コミュニティ支援を目的とするトンレン慈善基金(トンレンとは、苦しみを引き受け、幸せを与えるという意味の修行)からは、25名の学生とスタッフが参加した。

米国議員代表団の一般歓迎会
2017年5月10日

韓国新大統領、文在寅氏を祝福
2017年5月10日

ダライ・ラマ法王、次期仏大統領エマニュエル・マクロン氏を祝福
2017年5月8日

普遍的価値観のカリキュラム作成中央委員会からの報告
2017年4月28日

サイトマップ