第34回カーラチャクラ灌頂前行法要 2日目

2017年1月3日

インド、ビハール州 ブッダガヤ

ダライ・ラマ法王は今朝、昨日と同じく朝7時前にナムギャル僧院からカーラチャクラ堂に到着された。法王は午前中カーラチャクラ灌頂の前行法要として自生起等の儀式を行われた。昨日の弟子を守る儀式に加え、今日はマンダラが描かれる台座と灌頂が行われる場所を清める儀式が執り行われた。


カーラチャクラ灌頂伝授会2日目の前行法要で、ナムギャル僧院の僧侶たちによるチャムをご覧になるダライ・ラマ法王。2017年1月3日、インド、ビハール州 ブッダガヤ(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)
続いて、マンダラを描くにあたり、その障りとなる魔の力を鎮めて、この土地の上にマンダラを制作する許可を土地の神に願う儀式が行われた。その一環として午後から15人のナムギャル僧院の僧侶によるチャム(宗教舞踏)が行われた。5弁の装飾が付いた宝冠を頭につけ、金襴の刺繍が施された衣装に身を包んだ僧侶たちは、金剛杵と金剛鈴を手に1時間半に及ぶチャムを執り行い、それぞれの踊り手は、カーラチャクラ尊の憤怒相の守護尊の様相を持つドルジェ・シュグとしてのプライドを維持してチャムを踊るのである。法王はチャムが終わる前にカーラチャクラ堂の法座に戻られた。

その後、加持が込められ、チョークの粉をまぶした糸を使って砂マンダラを描くための下書きの線引きが行われた。この儀式は、法王の代理として金剛阿闍梨に任命されたナムギャル僧院の僧院長タムトク・リンポチェがマンダラの最初の第一線を引くことによって始められ、他の僧侶たちが定規とチョークを使って残りの複雑なマンダラ模様の下絵を描き出した。この下書きの作業は明日も引き続き行われ、その後、色砂を使ったマンダラが描かれる予定である。
 

最新ニュース

21世紀の仏教についての国際会議開会式
2017年3月17日
インド、ビハール州ラジギール:ダライ・ラマ法王は昨日ガヤ空港に到着され、昼食の後、車でラジギールに向かわれた。道中、霊鷲山に続く丘の麓で車を止められ、法王は車外に出られた。霊鷲山は、釈尊が第二法輪の教え、すなわち、般若波羅蜜(完成された智慧)について説かれた場所である。法王は聖なる山の方角を向かれ、しばし無言で黙祷に入られた。今朝、法王は、21世紀にふさわしい仏教についての国際会議が行なわれるナーランダー国際会議場に到着された。会場では1,300人以上のインド及び国外から参加した代表者たちが、法王のご到着を歓迎した。

ダラムサラで千手観音の灌頂
2017年3月14日

法話会初日『修習次第』中編と『三十七の菩薩の実践』
2017年3月13日

神変大祈願祭の法話会と「チベット女性の日」制定祝賀式典
2017年3月12日

ノルブリンカ研究所ご訪問
2017年3月9日

サイトマップ