年表

日付 イベント (チベット暦)
1933年12月17日  ダライ・ラマ13世、ラサにおいて57歳で遷化(チベット暦癸酉10月30日)
1935年7月6日 チベットのアムド地方、タクツェル村に生まれる(チベット暦乙亥5月5日)
1939年7月 アムドからラサに向けて3ヶ月の旅に出発
1939年
ブムチェンにて、ダライ・ラマ14世と公式に認定される
1939年10月8日  1939年10月8日 アムドから3ヶ月の旅を経てラサに到着(チベット暦己卯8月25日)
1940年2月22日 即位式(チベット暦庚辰1月14日))
1940年  5歳で僧院教育開始
1942年 タクタ・リンポチェより沙弥戒を授かる(チベット暦壬午1月15日
1950年11月17日  政治の全権を得る(チベット暦庚寅10月11日)
1950年12月16日 中国の脅威を受け、ラサからトモ(亜東)に出発
1951年1月~7月 トモ(亜東)に滞在
1951年5月23日 北京にて、チベット使節団が強要され十七か条協定に調印
1951年7月16日 トモ(亜東)にて、新任のチベット行政官張経武将軍に率いられた中国使節団と会見
1951年7月24日 トモ(亜東)を出発(チベット暦辛卯5月17日)
1951年8月17日 トモからラサに到着(チベット暦辛卯6月13日)
1954年 リン・リンポチェより比丘戒を授かる(チベット暦甲午1月15日)
1954年
ラサ、ノルブリンカ宮殿にて第1回カーラチャクラ灌頂式
1954年7月~1955年6月 中国を訪問し、毛沢東、周恩来、朱徳、鄧小平らと会見
1956年11月~1957年3月 釈尊生誕二千五百年祭のため、インド訪問
1959年2月 ラサの大祈願祭(モンラム)中にゲシェー・ララムパの学位を獲得(チベット暦己亥1月13日)
1959年3月10日
法王を中国軍駐屯地での観劇に行かせまいと何万ものチベット人がノルブリンカ宮殿前に集まる。ラサのチベット人蜂起
1959年3月15日
中国軍がノルブリンカ宮殿を砲撃
1959年3月17日 ノルブリンカ宮殿を脱出
1959年3月
ルンドゥップゾンにチベット政府を再建、十七か条協定の破棄を宣言
1959年3月30日 14日間に及ぶ脱出行の後、インドに到着
11959年4月18日
外国メディアと記者会見、十七か条協定を公式に破棄
1959年4月20日 ムスリーに到着し、ビーラハウスに滞在
1960年4月30日 ダラムサラに到着、スワーグアシュラムに居を定める
1963年
民主的な憲法草案の公布、ダラムサラにチベット亡命政権樹立
1967年 日本とタイに亡命後初の外遊
1968年 スワーグアシュラムから今日のテクチェンチューリンに居を移す
1973年9月~11月 初の西欧諸国歴訪(イタリア、スイス、オランダ、ベルギー、アイルランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、イギリス、西ドイツ、オーストリア)
1979年
1959年の亡命後初めて中国政府と接触
1987年9月21日 アメリカ議会において、五項目の和平プランを発表
1988年6月 フランス、ストラスブールにおいて、ストラスブール提案を発表
1989年12月10日 ノルウェー、オスロにて1989年度ノーベル平和賞受賞
1992年
大臣の直接選挙や司法部門の設立など、いくつかの民主化政策を導入
2001年
チベット史上初の直接民主制による主席大臣選挙
2011年3月、5月  3月14日、ダライ・ラマ法王はチベット亡命政権議会に書簡を送り、政治的権力の委譲を要請。5月29日、ダライ・ラマ法王は民主的に選ばれた指導者に政治的権力を委譲し、368年続いたチベットの聖俗両面における指導者としてのダライ・ラマ制度に終止符を打った

 

 

最新ニュース

21世紀の仏教についての国際会議開会式
2017年3月17日
インド、ビハール州ラジギール:ダライ・ラマ法王は昨日ガヤ空港に到着され、昼食の後、車でラジギールに向かわれた。道中、霊鷲山に続く丘の麓で車を止められ、法王は車外に出られた。霊鷲山は、釈尊が第二法輪の教え、すなわち、般若波羅蜜(完成された智慧)について説かれた場所である。法王は聖なる山の方角を向かれ、しばし無言で黙祷に入られた。今朝、法王は、21世紀にふさわしい仏教についての国際会議が行なわれるナーランダー国際会議場に到着された。会場では1,300人以上のインド及び国外から参加した代表者たちが、法王のご到着を歓迎した。

ダラムサラで千手観音の灌頂
2017年3月14日

法話会初日『修習次第』中編と『三十七の菩薩の実践』
2017年3月13日

神変大祈願祭の法話会と「チベット女性の日」制定祝賀式典
2017年3月12日

ノルブリンカ研究所ご訪問
2017年3月9日

サイトマップ