書籍

※最新のものから、発行年順の表示となっています。

ダライ・ラマ自伝

著者 ダライ・ラマ(著), 山際 素男(翻訳)

チベットの宗教的、政治的最高指導者として精力的に平和活動をつづけ、ノーベル平和賞を受賞したダライ・ラマ14世が、観音菩薩の生まれ変わりとしての生い立ちから亡命生活の苦悩、宗教指導者たちとの交流、世界平和への願いなどを、波乱の半生を振り返りつつ語る。チベットとダライ・ラマ14世を知る恰好の入門書。

出版社 文藝春秋, 2001
 

ゲルク派版 チベット死者の書

著者 ダライ・ラマ14世 , ヤンチェン・ガロ , ロサン・ガンワン(著), 平岡 宏一(翻訳)

人は死ぬとどこへ行き、どうなってしまうのか……チベット密教に伝承された秘密の教えが説く、死と輪廻転生の構造、そして「本当に」死ぬための心得とは。従来「チベットの死者の書」として紹介されてきたチベット仏教ニンマ派の経典とは異なる、チベット仏教最大宗派ゲルク派の秘伝書「死者の書」の全訳が文庫版で登場。

出版社 学習研究社, 2001

ダライ・ラマの密教入門 秘密の時輪タントラ潅頂を公開する

著者 ダライ・ラマ14世 テンジン・ギャムツォ(著), 石濱 裕美子(翻訳)

インド密教最後の華である「カーラチャクラ・タントラ」。この密教経典をもとに、「他のもののために悟りを目指す心」と「空を認識する意識」の2つの心を説く。チベット密教に関する豊富な解説とともに、各タントラの位置づけ、概要、仏の身体論、イニシエーションの意味と内容を詳しく紹介する。

出版社 光文社, 2001
 

ダライ・ラマ来日講演集 智慧と慈悲

著者 ダライ・ラマ14世 テンジンギャツォ(著), マリア・リンチェン(翻訳)

2000年春、出会う人すべてに忘れがたい感動を呼び起こした法王来日の全軌跡。日本人へ向けた熱く優しきメッセージ。2000年4月のダライ・ラマ法王の来日全軌跡を網羅。東京講演「智慧と慈悲」、京都講演「自然との共生を求めて」、京都シンポジウム「環境と人間」、静岡講演「人間の幸福について」全編を収録。

出版社 春秋社, 2000

ダライ・ラマが語る 母なる地球の子どもたちへ

著者 ダライ・ラマ14世(著)ジャン=クロード・カリエール(著)新谷 淳一(訳)

インターネット、遺伝子操作、激しくなる局地的な紛争と悪化する一方の環境や教育問題。21世紀を迎える私たちをめぐるさまざまな問題に、解決の糸口はあるのだろうか。1994年2月、フランスの脚本家ジャン=クロード・カリエールがインド北部ダラムサラでダライ・ラマ法王と現代社会について語り合った貴重な対談録。

出版社 紀伊国屋書店, 2000
 

ダライ・ラマの仏教入門 心は死を超えて存続する

著者 ダライ・ラマ十四世 テンジン・ギャムツォ(著)石濱 裕美子(翻訳)

仏教学者であり、密教学者であり、国際的な政治家であり、ひとつの民族の精神性の象徴であるダライ・ラマ14世。人生の役に立ち、私たちを救う力を保ち続けているチベット仏教の精髄を優しい言葉で語る。「重要なことは、私たちが心に平和と調和をもたらそうとすること、そして社会に対して建設的に貢献することです」。

出版社 光文社, 2000

幸福論

著者 ダライ・ラマ14世 テンジン・ギャッツォ(著), 塩原 通緒(翻訳)

人を思いやることが、自分の幸せにつながっていることを忘れないでください。この本は宗教書ではありません。私たちと同じように、悩み、苦しみ、人と幸福を分かちあいたいと願っているひとりの人間、ダライ・ラマ法王から、非宗教的な観点で贈られる、温かく穏やかな、力強いメッセージ。しみじみと胸に響く言葉。

出版社 角川春樹事務所, 2000
 

ダライ・ラマ こころの育方

著者 ダライ・ラマ14世(著), 今井 幹晴(翻訳)

米精神医学神経学委員会認証専門医の医学博士ハワード・C・カトラー氏とダライ・ラマ法王の対談集。2人の活動に共通するキーワードは「境界」。中心ではなく周辺こそが、様々な問題の難しさや障害を乗り越えていく上で、最上の知恵をもたらす。チベット仏教と欧米精神科医の対話による現代人にとっての道標。

出版社 求龍堂 , 2000

ダライ・ラマ 日々の瞑想

著者 ダライ・ラマ十四世 テンジン・ギャツォ(著), 三浦 順子(翻訳)

チベット仏教の修行階梯に沿って、仏法のかなめに余すことなく触れ、日々の瞑想行をどのように行うか。簡潔明瞭な指南を与え、さらに踏み込んで日常生活の中であわれみの心と空性の見解をどのように培っていくかをダライ・ラマ法王が自ら著した密教瞑想法テキスト。インドでの法話と聴衆との質疑応答も収録。

出版社 講談社, 1999
 

ダライ・ラマ 死をみつめる心

著者 ダライ・ラマ14世 テンジン・ギャツォ(著),ハーディング 祥子(翻訳)

死を慌てず、静かに迎えるためには、それまでどのように生きてきたかが大きく関係する。充実した人生を送り、安らかな死を迎えるにはどうしたらよいのか。仏教界の世界的指導者が、ブッダの智慧に立ってその問いに答える。仏法に則った人間としての正しい生き方、日常生活を通して煩悩を取り除くための具体的な実践法など。

出版社 春秋社 , 1999
 

最初へ   5 6 7 8  
 

サイトマップ