日常

ダライ・ラマ法王は、ご自身のことをどのように見ておられるかと尋ねられると、「私はごく普通の仏教僧です」とお答えになる。

法王は、しばしばダラムサラを離れてインド国内、あるいは海外を訪問されている。旅行中は、約束されたスケジュールによって生活パターンが変わる。しかし、法王は早起きで、夜はできるだけ早く就寝される。

ダラムサラにおられるときは、朝3時に起床される。朝のシャワーの後、お祈りと瞑想と五体投地で一日が始まり、5時まで続けられる。5時からは、パレスの敷地内を短い時間散歩されている。雨の日は、ルームランナーを使われる。5時半に朝食が始まる。朝食には、大抵、熱い粥、ツァンパ(大麦粉)、ジャム付きパン、お茶を召し上がられる。朝食中はいつも、ラジオでBBCワールドニュースを英語でお聞きになっている。6時から9時までは、朝の瞑想とお祈りを続けられる。9時頃からは、様々な経典や偉大な導師たちの著作である註釈書を読まれる。11時半から昼食が始まる。法王のお食事が作られるダラムサラの厨房はベジタリアンである。しかし、ダラムサラ以外の各地を訪問されているときは、必ずしもベジタリアンではない。厳格な仏教の戒律に従って、夕食は召し上がらない。法王庁の職員との打ち合わせがある時や、謁見やインタビューがある時は、12時半から3時半くらいまで執務室におられる。普通は午後に、チベット人あるいはチベット人以外からのインタビューが一件と謁見が何件か予定されている。居宅に戻られると、5時頃に夕方のお茶を召し上がる。そして、晩のお祈りと瞑想が続き、7時頃までに就寝される。

 

最新ニュース

ダラムサラで学生との対話
2017年5月19日
インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州ダラムサラ:本日ダライ・ラマ法王は、異なる3つのグループの学生たちと法王公邸で対話をされた。ミネソタ大学からの10名は、メンツィ・カン(チベット医学暦法研究所)でチベット医学の短期間コースを取っており、カナダのゲルフ大学からの20名は、ダラムサラのチベット人コミュニティでボランティアとして働いている。また、北インドのカングラ渓谷でインドの難民コミュニティ支援を目的とするトンレン慈善基金(トンレンとは、苦しみを引き受け、幸せを与えるという意味の修行)からは、25名の学生とスタッフが参加した。

米国議員代表団の一般歓迎会
2017年5月10日

韓国新大統領、文在寅氏を祝福
2017年5月10日

ダライ・ラマ法王、次期仏大統領エマニュエル・マクロン氏を祝福
2017年5月8日

普遍的価値観のカリキュラム作成中央委員会からの報告
2017年4月28日

サイトマップ